村瀬弘行と音楽の仲間たち 本文へジャンプ
プロフィール


○○○○年東京芸術大学打楽器科卒業。

マリンバを中心に青少年向けコンサートを企画、演奏活動を開始する。
1980年からオリジナルコンサートを企画し10年間年1回のコンサートを開催。
演奏家の発想でマリンバの特色を生かし、日本民謡をモチーフにしたオリジナル曲を発表する。
1997年それらの曲でCDを製作「斧折樺(おのおれかんば)」と題して発売。

 氏名: SAMPLE

 楽器: 打楽器

 主なCD: 『斧折樺(おのおれかんば)』 他



SAMPLE音楽の仲間たち
マリンバにピアノOrシンセサイザーと打楽器が基本の編成で、加えて主催者のニーズに応えて様々なゲストを迎えて公演を行う。
現在までにオルガン・井上圭子氏、ソプラノ・崔岩光、大川敦子、松薗まゆみの各氏。モンゴル伝統歌謡・オドバル氏、テノール・持木弘、田代誠の各氏。トランペット・海保泉、田中みつとし、船戸穣の各氏をゲストに迎えユニークなコンサートを開催している。
全ての音楽をジャンルに捉われず演奏者自身の個性を重視した演奏会。

体験実習&ミニコンサート
 子供たちと身近にある素材から打楽器を手作りして、普段あまり使わない、小刀、のこぎり等を扱いながら作業をしていると、友達同士のコミンュケーションや親子の会話の再発見があります。講習が始るといつの間にか親のほうが夢中になっているという不思議な企画です

「斧折樺(おのおれかんば)コンサー
 1997年にリリースしたCD「斧折樺VoL・1」は日本民謡をモチーフに演奏者の発想で、日本の心を大切にとの思いからマリンバのための創作曲を創り、1980年から年1回発表したものをまとめてCDにしたものの中から改定を加えながら新たな日本を捜し求めたコンサートです。創作打楽器が演奏に思わぬ効果をあげ面白いコンサートです。

学校コンサート(音楽鑑賞教室)
 1975年から創めた学校コンサートは、音楽の楽しさを味わい、感じて貰らいたい想いから、聴くだけでなくコンサートに一緒に参加できる企画にし、生徒の皆さんとステージ上で一緒にラテン打楽器を共演するコナーでは、形式や演奏を自由な発想で演奏して貰い、音楽を楽しむ事を優先させました。時には音楽家の苦労話なども交えてコンサートを進めています。